ES特集

■特集・第4回

三菱商事・ユービーエス・リアルティに聞く
中長期の投資主価値向上を目指して自分たちのミッションとしてESG課題に取り組む

»記事を読む

 

■特集・第3回

日本不動産研究所 古山氏が語る
グリーンビルディングの経済性と鑑定評価の現状

»記事を読む

 

専門家インタビュー

■第38回new

賃料減免によるJリート分配金への影響は?一定の前提のもと、▲9%~▲13%減少を想定

»インタビュー記事を見る

 

■第37回

コロナ禍におけるREIT投資の魅力

»インタビュー記事を見る

 

ヘルスケアリート特集

■特集・第6回

ヘルスケアリート入門
東証上場のヘルスケアリートをご紹介!

»記事を読む

 

ヘルスケアリート特集動画

物流施設リート特集

■特集・第2回

機関投資家も着目する物流施設特化型REIT

マーケット環境や最近上場した銘柄を徹底解説

»記事を読む

 

■特集・第1回

物流施設特化型リートとは?

物流施設特化型リートの仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく説明

»記事を読む

 

インフラファンド特集

■特集・第4回new

森・濱田松本法律事務所解説
上場インフラファンドの投資リスク

»記事を読む

 

■特集・第3回

太陽光発電所の各設備を徹底解説
インフラファンドが所有する太陽光発電所の各設備について専門家が分かりやすく解説

»記事を読む

 

ホテル・旅館リート特集

■特集・第3回

インヴィンシブル投資法人執行役員 福田直樹氏に聞く
「市場の構造転換とインバウンド拡大に対応して成長」

»記事を読む

 

■特集・第2回

星野リゾートブランドの魅力を体験
「日本型のおもてなしと高い客室稼働率の秘密」

»記事を読む

 

イベント記事

注目のJ-REIT、インフラファンドが集結する年に一度のIRフェスティバル「J-REITファン2020」 個人投資家で盛況にnew

東京証券取引所で2月1日(土)、東京証券取引所(日本取引所グループ)と日経ラジオ社、プロネクサスの3社共催によるIRイベント「J-REITファン2020」が開催された。

»記事を読む

 

東証IRフェスタ2019にてインフラファンドコーナーが登場!各インフラファンドのミニセミナーに多くの投資家が参加!

2019年2月22日(金)・23日(土)、毎年恒例の個人投資家向けIRイベント「東証IRフェスタ2019」が、東京国際フォーラムにおいて開催されました。

»記事を読む

 

女子会企画第2弾「インフラファンド女子会」基本から投資判断まで楽しみながら身につくチャンス

9月28日(水)、女性30名に限定した投資勉強会「インフラファンド女子会」を「ECO投資で女子力アップ」をテーマに開催しました。

»記事を読む

 

 

東京証券取引所 月刊REITレポート/月刊インフラファンドレポート

月間の市場動向や個別銘柄別の情報をまとめたpdf形式のレポートです。是非ご活用下さい。

※日本取引所グループサイトへジャンプします

東京証券取引所 東証公式Jリートガイドブック

Jリート(不動産投資信託)のガイドブックです。
Jリートの仕組みや市場の状況を分かりやすく説明します。

※日本取引所グループサイトへジャンプします

動画で見る投資物件の紹介

※「ポートフォリオマップ」は各投資法人様のサイトに遷移します

[ 物件VOL.53 ] 再生時間/14:58
タカラレーベン・インフラ投資法人

タカラレーベン・インフラ投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象として、社会貢献投資を通じた安定的なキャッシュフロー及び収益の維持により、投資主価値を最大化することを目指しています。

[ 物件VOL.52 ] 再生時間/16:25
タカラレーベン不動産投資法人

タカラレーベン不動産投資法人は、異なる専門性とノウハウを有する企業のマルチスポンサー型運用体制を活用することで、着実な成長及び安定した運用と投資主価値の最大化、持続的な環境の創造及び地域と社会への貢献の実現を目指します。

[ 物件VOL.51 ] 再生時間//13:42
CREロジスティクスファンド投資法人

CREロジスティクスファンド投資法人は、物流業界に特化した日本の不動産会社をスポンサーに持つ物流施設特化型Jリートです。築浅高稼働、テナントニーズに応える良質な物流施設を保有し長期安定的な資産運用を行っています。

[ 物件VOL.50 ] 再生時間/14:22
ザイマックス・リート投資法人

ザイマックス・リート投資法人は、ザイマックスグループが手掛ける統合型リートです。オフィス、商業施設およびホテルを主用途とする物件に重点投資をしており、不動産が持つ価値を最大限に引き出し投資主価値の最大化を図ります。

TOP